親の遺品 残すもの

父親、母親
両方とも親が亡くなって実家の片付けをdしていると驚くほどの量の遺品がたくさん出てきます。
そのどれもが「親との思い出」が詰まっていて捨てるのはちょっと気が引けます。
でも、そんなたくさんの親の遺品を保管しておくべき場所なんてありません。・
そこで、捨てられない親の遺品だけど
親の遺品で残すもの
親の遺品でも捨てるもの
その選別の仕方について考えてみましょう。

親の遺品で残すものはできるだけ少なくすることが大事

親の遺品 残すもの

親が亡くなってまだ日が浅い場合はなかなか気持ちの整理がついていません。
ですから、いくらガラクタ同然であっても親の遺品を捨てることに罪悪感が出てくると思います。
でも、しっかりと認識しておいて欲しいことは
「親の遺品を保管しておく場所なんて子供の家には無い」
ということなんです。

親の遺品をいつまでも処分できないから実家の片付けはいっこうに進まないのです。
いつか踏ん切りを付けなければいけない時期がやってきます。
そうしないと次はあなたの子供がおじいちゃんおばあちゃんの遺品の整理をしなければなくなります。
孫といっても長男の孫もいれば娘の孫もいます。
従兄弟同士でおじいちゃんおばあちゃんの家の荷物の整理なんてできません。
結局、片付け業者に丸投げで頼んで
「全部捨ててください」
ということになります。
これでは大事な物でさえも捨てられてしまうので亡くなった親からしても悲しいですよね。

親の遺品を
「処分する」
「捨てる」
にしてもやはり子供たちがみんな揃ってその時だけでもなくなった親のことを思い出してあげる
それだけでも供養になると思います。

実家の片付けをしていたら涙が出てきた

親の遺品で残すもの

親の遺品 残すもの

とりあえず亡くなった親の遺品で残す物は以下の通りです。

亡くなった親の身分証明証・契約書類・印鑑など

まず、亡くなった親の
身分証明証
契約書類
印鑑
は残しておきましょう。
親が亡くなった事に対する手続き人必要なこともあります。
速やかに廃止手続きや名義h変更の手続きもしなければなりません。
そんな時にこれらの書類がないと困ることがあります。

遺品の価値を調べて残すかどうか決めるもの

親の遺品の中で
「これって価値あるかも?」
というもの少なからずあるでしょう。
安易に遺品整理業者に引き取りを依頼すると二束三文のただ同然で買いたたかれることもあります。
その親の遺品が
「お宝なのか?」
「ただのガラクタなのか?」
いちいち調べるのはすこし面倒くさくてすが、しっかりと調べることをおすすめします。

美術品・骨董品

みなさん「お宝鑑定団」というテレビ番組をご覧になった方もいるかと思います。
「これは先祖伝来のお宝だ!」
と自信満々で鑑定を依頼してきた出品者の多くがそのあまりの価値の低さにショックを受けて帰る姿はたくさんご覧になってきたはずです。
形見として残す
売ってお金で遺族で分ける
どちらにしろとりあえず
「本物kなのか?偽物なのか?」
「いくらくらいの価値がるのか?」
は調べてお行きましょう。

今はインターネット経由で宅配の鑑定サービスや出張査定サービスもたくさんあります。

思い出のの品物(写真・衣類など)

遺品整理の中で多くの方が処分に困るのが「写真」です。
なかなか処分に頭を悩ませてしまうことも少なくありあmせん。

できれば
残す写真を厳選して選び、後は処分する
ことをおすすめします。

亡くなった親の衣類の処分でも困ることがあります。
確かに親がよく着ていたお気に入りの洋服
子供からすれば想い出がいぽ杯詰まっています。
しかし、たとえそうであっても、あなたには似合わないですし切る機会もありません。

ただ着物だけは気を付けてください

多くの着物の場合はあまり価値がないことも多いので思い切って処分してもいいでしょう。
ただ生前にお母さんがかなり着物にはこだわりがあった・・・?
そんな場合はまずは着物の買取サービスを行っている会社に査定依頼をしてみましょう。
意外と高い買取査定価格がでることもあります。

「この着物は私が貰っておくわ」
そう考える娘さんたちもい多いのですが、今のご時世 早々着物を着る機会なんてありません。
普段から着物を切る習慣がないのなら処分すrことをおすすめします。

親の遺品で残すものなんてそう多くはありません

親の遺品 残すもの

実家の片付けで形見分けとしtて貰ってきたもの
その多くは数年も経てば
ただのガラクタ
狭い家で邪魔で仕方がない
ということに気づく方も少なくありません。

ですから、安易に
親の遺品を残す
ということは諦めたほうがいいケースがほとんどです。

親の遺品で残すもの
それはせいぜい段ボール1箱か2箱程度に収めておくことおすすめします。

そのたった1箱か2箱の親の遺品が詰まった段ボールでも
「邪魔で邪魔で仕方がない!」
とお困りの方も少なくないのです。
親の遺品を残し出したら
きりがない
いつまでも処分できない!片付かない!
ものなんです。

親の遺品で残すものだけ選んだら一気に捨てなさい

今の時代はとにかく
モノを捨てるのが大変
な時代です。

なにを捨てるにしても
役所に届け出をしたり
こまかく分別したり
と面倒な手続きや処分費用もかかります。

実家の片付けなどで一気に捨てる機会があればそのタイミングを逃さずに処分できるものは可能な限り処分してしまうことをおすすめします。